「ふ」の歯科用語一覧

「ふ」の歯科用語一覧

  • ファイバーコア

    【読み方】ふぁいばーこあ

    ファイバーコアとは、かぶせ物の土台に使う材質の一種で、グラスファイバーを束ねてそこに高強度のレジンを混ぜたものです。

    従来のメタルコア(金属の土台)に比べて、弾性に優れ、歯のたわみに応じるため、歯の持ちがいいと言われています。保険適用外です。

     

  • ファイル

    【読み方】ふぁいる

    ファイルとは歯科治療で使用される根管形成用治療器具の事を指します。

    神経、歯根治療、抜髄の際に用いられます。形態は針状になっており、その側面はやすりのようになっています。

    ファイルには2種類あり、断面の形状によりKファイルとHファイルに分別されています。
    根管内でやすり状の部分をかきあげる事によって神経の除去や根管内部の壊死した組織を除去します。

  • ファセット

    【読み方】ふぁせっと

    ファセットとは上の歯と下の歯のかみ合わせによって生じる歯の磨耗部分の事で、咬合小面とも呼ばれています。

    関連用語
  • フィクスチャー

    【読み方】ふぃくすちゃー

    フィクスチャーとは、歯科インプラント治療に使われる歯根部のことです。

    フィクスチャーは、顎の骨に打ち込む、ネジのような歯根で、身体に馴染み易く安全性が高い、そして骨と結合するという特徴を持つ純チタンやチタン合金が使用されています。

  • フィステル

    【読み方】ふぇすてる

    フィステルとは歯の周囲にできる穴の事で歯茎に膿がたまった場合などにできます。

    歯髄が壊死し、歯根の先端部分に根尖病巣が出来ている場合などに最も多く見られ、このようにしてできたフィステルからは病巣内にたまった膿が歯槽骨の内部を通り排出されます。

    これらの事からフィステルが見られると言う事は歯の周囲の歯髄が壊死し、内部に病巣が作られている事が疑われます。フィステルの治療には根管治療が必要です。

  • フェストゥーン

    【読み方】ふぇすとぅーん

    フェストゥーンとは、歯肉の縁が浮き、輪状に盛り上がった歯肉の形態異常の事です。

    フェストゥーンができる原因は不適切なブラッシングやブラッシングの際の力の入れすぎだと考えられており、主に犬歯の付近に生じます。

    フェストゥーンと同様に過度の力を加えたブラッシングによりクレフトと呼ばれる歯肉に垂直型でV時型の裂け目が出来る事もあります。

    関連用語
  • 覆髄

    【読み方】ふくずい

    覆髄とは、虫歯治療の一種でレジンやMTAなどで歯の神経を保護する治療法のことです。

    虫歯により歯髄(歯の神経)が露出すると、歯髄が刺激され痛みが伴います。虫歯が進行している場合は、抜髄(歯の神経を取る)治療が必要となりますが、虫歯や歯髄の状態によっては抜髄する必要はありません。虫歯の治療後にレジンやMTA、アマルガムなどを使って虫歯の穴を塞ぎ、歯髄を守ります。

    覆髄には、間接覆髄法と、直接覆髄法があります。

    【間接覆髄法】
    歯髄(歯の神経)が露髄していないが、歯髄にしそうな状態で覆髄治療をおこないます。

    【直接覆髄法」
    露髄している状態で、覆髄治療をおこないます。

    簡単に説明すると、虫歯を削っていき歯の神経に達していない覆髄治療は「間接覆髄法」で、虫歯を削っていくと歯の神経まで達している場合の覆髄治療は「直接覆髄法」となります。

  • 不正咬合

    【読み方】ふせいこうごう

    不正咬合とはかみ合わせが悪く、唇が閉じにくいなどの症状全般を指します。

    個々の歯の位置の不正や複数歯の位置不正、歯列弓形態不正などが原因になります。

    不正咬合には上顎前突、下顎前突、開咬、叢生(乱杭歯、八重歯)禍蓋咬合、上下顎前突、交差咬合、正中離開(空隙歯列、すきっ歯)、切端咬合などがあります。
    不正咬合は犬歯が飛び出してしまう、歯磨きが非常にしずらい、などの理由から虫歯や歯周病になる可能性を作ります。

  • フッ素

    【読み方】ふっそ

    歯科におけるフッ素とは、歯質強化と虫歯菌の酸産生抑止に使用される要素の事です。

    フッ素の虫歯予防効果は萌出直後の歯に使用した場合に最も大きく現れると言われています。

    成人の歯根面の虫歯にもある程度の予防効果があると言われており、虫歯対策に非常に大きな効果を与えます。ただしフッ素を塗布したからといって虫歯を完全に防止できる訳ではなく、フッ素は虫歯になりにくくする効果があるだけなので、日々のブラッシングを疎かにしてはいけません。

  • フッ素コート

    【読み方】ふっそこーと

    フッ素コートとは、歯にフッ素の膜を作り歯の汚れを防止するためのものです。

    フッ素と聞くと危険物という印象を覚える人もいるかと思いますが、フッ素化合物になると安全性が高くなり他の物質の影響を受けにくくなります。

    このフッ素化合物をコーティング剤として歯に塗布する事により歯の汚れを防ぎます。フッ素コート以外にフッ素塗布とも呼ばれています。フッ素コートは一回の処置で終了にするのではなく、定期的にフッ素を塗布する事で予防効果を最大限まで高められます。

  • フッ素症

    【読み方】ふっそしょう

    フッ素症(Dental fluorosis)とは、水道水にもともと含まれるフッ素の化合物(フッ化物)、水道水フッ化物添加、歯磨き粉の飲み込みなどによるフッ化物の過剰摂取により、歯に褐色の斑点や染みができる症状。

    中等度の症例では、エナメル質にいくつかの白い点や小さな孔が生じ、より重症だと、茶色い染みが生じます。
    歯の見栄えが悪くなので、歯医者でフッ素症を治します。

     

  • ブラキシズム

    【読み方】ぶらきしずむ

    ブラキシズムとは睡眠時、起きている時を問わずに歯をすり合わせる、またはかみ締めるなどの動作を行う非機能性咬合習慣の一つです。
    咬合神経症とも呼ばれ歯軋りの一種として考えられています。

    多くの場合ブラキシズムは無意識に行われ、この動作には咀嚼筋へ大きな負荷がかかります。歯周組織に炎症性破壊が見られたり、顎間接へのダメージを与えるなど様々なデメリットがあります。

    治療法は咬合調整のほかに、バイオフィードバック療法やスプリント療法が用いられています。

    関連用語
  • プラーク

    【読み方】ぷらーく

    プラークとは、歯の表面に付着する白っぽい粘々した汚れの事です。歯垢、歯牙細菌苔とも呼ばれています。

    プラークは細菌の集合体であり歯に悪影響(虫歯や歯周病など)を与えるものです。

    このプラークが唾液中のカルシウムやリン酸が沈着すると石灰化し歯石となります。さらに歯石は表面がザラついており、この状態で放っておくとさらに2重のプラークがついてしまう事もあります。
    場合によってはたったの2~3時間でプラークがつくられる事もあり、こまめなブラッシングが大切です。

  • プラークコントロール

    【読み方】ぷらーくこんとろーる

    プラークコントロールとは、プラークを減らす為に生活を含む行動をコントロールする事です。

    歯を磨く事もプラークコントロールに含まれます。
    プラークコントロールは不規則な食事習慣を正し間食を避ける、繊維質の食品を摂取しプラークを減らすなどの生活面と、歯科医院で歯石を取る、虫歯があると虫歯部分に最もプラークが作られやすくなりますので虫歯の治療をする、などの歯科処置面の2通りがあり、これらを意識し、行動しながら生活をする事ではじめてプラークコントロールの実践となります。

  • ブラケット

    【読み方】ぶらけっと

    ブラケットとは矯正装置に使われる装置の一つで、歯とワイヤーを固定させる器具の事を指します。
    主にクリアブラケット、マルチブラケット法などとして使われます。

    マルチブラケット法とは歯列矯正の際動かしたい歯の表面に取り付け、ブラケットにワイヤーで連結する事で3次元的に歯の移動を行う事によって歯列を整える矯正方法です。
    以前はメタルブラケットなど金属製のものが多く使われていましたが、現在は審美性の高いクリアブラケットの使用が主流になっています。

  • プラズマライト

    【読み方】ぷらずまらいと

    プラズマライトとは、ホワイトニングの際に使われる光線の事で、このプラズマライトを照射する事で歯に塗布した漂白剤の作用を促進させる事ができます。

    プラズマライトを使用したホワイトニングの代表としてプラズマスマイルが挙げられます。

    これはNASAの科学者が開発したホワイトニング方法で、プラズマライトをアーチ型に配列する事で口内全体を一度に照射できます。
    さらに強力冷却装置を使用する事で本来連続照射不可能なプラズマライトの連続照射を可能にします。

  • フラップオペレーション

    【読み方】ふらっぷおぺれーしょん

    フラップオペレーションとは歯肉弁剥離掻爬術の事で、歯周病などの処置の為に歯肉を切除、切開して掻爬する手術の事です。FOPやオペなどと略称される事もあります。

    歯周病が重度になると歯茎のポケットが深くなり通常の歯石除去では全て取り去る事が出来ません。この時にフラップオペレーションを行う事によって歯根の表面までキレイにする事ができます。

  • フリーエナメル

    【読み方】ふりーえなめる

    フリーエナメルとは、歯の表面を覆う最も硬い部分であるエナメル質の中でも、その内側にある象牙質が健康ではない状態になっているエナメル質の事です。

    フリーエナメルは外部からの力に非常に弱く破壊されやすくなっています。またフリーエナメルは遊離エナメル質と呼ばれる事もあります。

    関連用語
  • ブリッジ

    【読み方】ぶりっじ

    ブリッジとは一般的に少数歯の欠損に対して使用する補綴物の1つです。

    ブリッジには支台装置が必要になり、残存歯がない場合はデンタルインプラントを使用します。可撤性義歯とブリッジの中間的な存在として可徹性ブリッジもあります。

    ブリッジのメリットは形態回復、歯周組織や顎関節の保護など様々挙げられますが、その反面健康な歯を削る必要があったり、清掃性に難があるなどのデメリットもあります。

  • フルオロアパタイト

    【読み方】ふるおろあぱたいと

    フルオロアパタイトとは、歯や骨を構成する成分にフッ素が取り込まれて作られるものの事です。

    フルオロアパタイトは、歯の再石灰化が起こるときにフッ素が存在すると形成されるもので、歯の不完全なところや傷がついたところに作用し、口腔内の細菌が出す酸に溶かされにくいため、虫歯になりにくい強い歯を作るといわれています。

    市販の歯磨き粉の80%以上にはフッ素が含まれているため、日ごろの歯磨き習慣で歯を1本1本しっかり磨くようにすればフルオロアパタイトを作り出す事ができます。

  • フルキャストクラウン

    【読み方】ふるきゃすとくらうん

    フルキャストクラウンとは、臼歯全体を覆う金属のかぶせ物のことです。
    虫歯等の為に歯を大部分削った場合に補修する1つの手段として利用されます。

    「FCK」とも呼ばれます。

     

  • プレシャスメタル

    【読み方】ぷれしゃすめたる

    プレシャスメタルとは、健康保険適用外の歯科用金属の事で、高純度の金(18カラット)が75%以上含まれた金属になります。

    見た目はもちろん金色となり、銀より変色しにくく、強度も歯質と同じ硬さなので適合性も高いと言われています。

    プレシャスと略されて呼ばれる事もあり、詰め物や被せ物、入れ歯など全ての修復物に使われる材質です。ただ最近では見た目などの審美性が求められる場合が多いため、補強のためのフレーム材として使われる事が少なくはありません。

  • フロス

    【読み方】ふろす

    フロスとは、歯と歯の間の狭い隙間を清掃する器具の事で、歯科でも多く使われています。

    普通の歯ブラシでは磨きにくい部分に使用し、歯の表面から裏側に向かって貫通させるように使います。
    歯の間の隙間にも大きさの違いがあるため、何種類かのフロスを使い分けて歯垢を取り除くといいとされています。

    フロスに関しては間違った使い方や過度なフロスの使用によって歯肉などを傷つけてしまう可能性があります。使用の際は医師に正しい使用法の指導を受けてから使う事をお勧めします。

  • フロッシング

    【読み方】ふろっしんぐ

    フロッシングとは、フロスを使って歯と歯の間の隙間に付着している歯垢を取り除く事を言います。

    歯と歯の間の歯垢は、ブラッシングのみでは取り除く事ができないので、虫歯や歯周病を予防するためにフロッシングを行う事を勧められる補助的歯間清掃法となります。

    歯垢は歯肉ラインの下に隠れて溜まりやすく、放っておくと虫歯や歯周病はもちろん、歯肉の腫れなどを起こしてしまいます。そこでフロスを使って歯垢を掻き出すように取り除きます。もし、歯の間の隙間が狭すぎてフロスが入り込まない場合は、歯科医に相談する必要があります。

  • ブローネマルク インプラント

    【読み方】ぶろーねまるく いんぷらんと

    ブローネマルク インプラントとは、オッセオインテグレーションを発見したブローネマルク教授の名前に由来した、1965年から臨床応用が開始された世界初のインプラントシステムです。

    ブローネマルク・インプラントは、世界初のインプラントであるため、最も長い臨床実績があり、そのため最も信頼性が高いインプラントシステムだと言われています。

    ブローネマルクインプラントの表面性状は、現在タイユナイト(Ti Unite)という、ノーベルバイオケア社独自のものになっています。

    ブローネマルクシステムは、十分な実績があり安心できるものですが、あらゆるインプラントシステムの中で最も「高価」です。また、基本的に長めのインプラントのため、骨の厚みや高さが少ないケースでは使用が難しいというデメリットもあります。そのため、最近では値段も安くインプラントも短めで日本人向きの、同社(ノーベルバイオケア社)のリプレイスセレクトに置き換わりつつあります。

  • プロービング

    【読み方】ぷろーびんぐ

    プロービングとは、プローブ、もしくは探針と呼ばれる先端に目盛りがついている器具を使って歯周ポケットの深さを測る事を言います。
    その際に出た計測値の事はプロービングデプスと言われていて、歯科治療において必ず行われる検査となります。

    プロービングでは、歯周組織の破壊の程度や歯周病の進行状態などを知るためには最も有効な検査方法であり、1本の歯に対して1~6ヵ所の歯周ポケットを調べます。

    プロービングは痛みを感じる事はほとんどありませんが、歯肉溝からの出血が見られる事もあり、出血が見られた部分は歯周病菌が多く存在するところなので炎症が強いと判断されます。

  • プローブ

    【読み方】ぷろーぶ

    プローブとは、歯科医が使う道具の事で、歯周ポケットの深さを測るために使われます。

    探針と呼ばれる事もあり、歯周組織を傷つけずに歯根の形態に合わせて曲がり正確に測定する事ができます。
    歯を支える組織が本来あるべき位置から下がっていないか、またどれくらい下がっているのか、歯周病が原因で出血や膿が出ていないか調べるために使われます。

    プローブにはライトプローブA(円錐形)、ライトプローブB(幅広型)、ポケットプローブなど様々な種類があります。