下顎前突(ががくぜんとつ)

下顎前突

【読み方】ががくぜんとつ

下顎前突とは受け口、反対咬合とも呼ばれ、下顎の骨が成長し前側に過剰に突き出した状態の事を言います。

原因は下顎の過度の成長、上顎の成長不足による骨格性と、上の歯が後方に傾斜した場合や、下の歯が前方に突き出てしまう歯性のものがあります。

下顎前突は噛み合わせが逆になってしまっている事から噛む力が弱くなるほか、サ行が発音しづらくなるなどの症状があらわれます。
幼少期であればチンキャップなどを用いて治療可能ですが、永久歯列期になるとマルチブラケット装置や抜歯治療を行う場合もあります。

この用語も調べられています