キシリトール(きしりとーる)

キシリトール

【読み方】きしりとーる

キシリトールとは、糖アルコールの一種であり、口腔内で酸に変わらない事から虫歯の原因にはなりえないと考えられています。

キシリトールを配合したガムなどを噛むと歯の再石灰化が促進されると言われていますが、この作用はキシリトールに限ったことでは糖アルコール全般で言えることで、ガムを噛む事によって唾液の分泌が促進されるので歯垢のPHが上昇し、その結果再石灰化に繋がると考えられています。