「こ」の歯科用語一覧

「こ」の歯科用語一覧

  • コア

    【読み方】こあ

    コアとは、歯質が多く失われた歯の補強とクラウンの土台となるものです。

    メタルコア、レジンコア、ポストコアなどがあります。

  • コイルスプリング

    【読み方】こいるすぷりんぐ

    コイルスプリングとは、歯列矯正の際に用いられる矯正装置の一種です。

    主にオープンコイル・スプリングという装置が現在は使用されており、歯の隙間を空ける際に装着します。

    オプション的な使い方をされる矯正装置はコイルスプリング以外に、エラスティックの小さな輪が連続したパワーチェイン、上下の顎のバランスを改善する為に使用される輪ゴム状の口腔内ゴム、顎外装置としてよく知られているヘッドギアなどがあります。

  • 口蓋

    【読み方】こうがい

    口蓋とは脊椎動物の口腔と鼻腔を分離している口腔壁の事です。

    構造上の違いにより一次口蓋、二次口蓋と分けられており前方側の硬い部分の事を硬口蓋、硬口蓋より後方にある柔らかい部分の事を軟口蓋と呼びます。

    範囲は口腔内の上歯槽部から口蓋垂を含む口蓋口頭弓までの部分です。
    口蓋は言葉を発する上で非常に重要な器官だと考えられています。また、西洋では味覚を感じる場所は舌ではなく硬口蓋だと考えられています。

  • 口蓋側

    【読み方】こうがいそく

    口蓋側(こうがいそく)とは、上顎の歯列の内側にあたる部分です。

    口の中の位置を示す言葉の1つで、

    上顎前歯においては歯列を挟んで唇側と口蓋側、

    上顎奥歯においては頬側と口蓋側、

    下顎前歯においては唇側と舌側、

    下顎奥歯においては頬側と舌側となります。

    診療カルテへの記載は、英語の頭文字を使った記号の組み合わせが用いられます。

    口蓋側は「Paratal」の頭文字「P」と記載されます。

  • 口蓋突起

    【読み方】こうがいとっき

    口蓋突起(こうがいとっき)とは、上顎骨のうち、鼻と口の間に位置する水平な板のような骨突起です。

    口の中の天井部分である口蓋の硬い内側部分の上方底面にあたり、その前方は上顎歯列のアーチを形作っている歯槽突起の縁と接しています。

    発症の原因は分かっておらず、非腫瘍性の良性骨増殖と考えられています。遺伝的要因、歯ぎしりや強い咬み合わせが歯を介して伝わる顎骨へのストレスによる骨増殖とも言われています。

    症状
    男性よりも女性に多く見られ、年齢的には 幼少期に認められることはほとんど無く、年をとるにつれて出現してきます。隆起が著明になってくるのは40歳以降といわれています。

    口蓋隆起は 表面の粘膜が歯ブラシや食べ物で傷がつかないかぎり、痛みや感覚の異常を感じる事なく、少しずつ 大きくなっていきます。あまり大きくなると歯ブラシや硬い食べ物が当たると傷がついて痛むようになったり、 口内炎ができるようになったります。また、話したりするのに支障が出ることもあります。

    自覚症状がないまま少しずつ大きくなるので、 歯科医院の受診時に偶然指摘されて気づく事が多いようです。

    検査と診断
    視診や触診でほとんど診断できますが、画像診断で確定します。

    治療法
    日常生活に支障がなければ特に何もする必要はありません。しばらくは経過を観察します。

    隆起が大きくなり、義歯を作るうえで邪魔になる場合や、発音に障害が出る、歯磨きがしづらくなりむし歯や歯周病のリスクが高い場合などは、外科的に削除することを検討することがあります。手術は隆起が小さければ局所麻酔で行います。

  • 口蓋裂

    【読み方】こうがいれつ

    口蓋裂とは、子供が生まれるまでの間に口蓋突起が完成形までくっつかなかった状態の事です。

    胎児初期のうちは鼻腔も口腔も存在しておらず、大体9週目に差し掛かったあたりから左右の口蓋突起がのび、口蓋がやっと作られる事になります。
    この事から考えて誰もが口蓋裂を患う可能性があります。一般的に遺伝のみによっておこると考えられている傾向にありますが、この考え方は誤りです。
    ただ、詳しい原因についても今だ解明されていないのが現実です。

  • 口角炎

    【読み方】こうかくえん

    口角炎とは、皮膚、そして粘膜に溝、びらん、潰瘍が生じ、それが慢性的になる事を言います。

    原因は主に口角部の皮膚が唾液により浸軟して起こる2次的感染だと考えられています。
    ただ、口角炎の発症には多くの原因がある、とも考えられており、それらがいくつか係わり合い、症状が現れています。

    局所的な原因は上下顎間距離の低下や唾液分泌量の過多が挙げられます。
    治療にはゲンタシン軟膏の塗布、フロリードDの塗布などが用いられます。

  • 口腔癌

    【読み方】こうくうがん

    口腔癌とは、口腔内にできる癌の事で、舌にできる舌癌、舌と歯茎の間にできる口腔底癌、歯茎にできる歯肉癌、頬の内側の粘膜にできる頬粘膜癌、

    口内上顎部分にできる硬口蓋癌などがあり、現在口腔癌の中で最も発症しやすいのは舌癌です。
    とは言え口腔癌自体は珍しい癌と言われており、身体全体で見れば癌発症率は1~2パーセント程度です。

    口腔の粘膜細胞が傷ついた場合にガン化する事もあると考えられている為、辛い物、熱い物が口腔癌の発症原因になっている可能性もあるでしょう。

  • 口腔外科

    【読み方】こうくうげか

    口腔外科とはう蝕、歯周病を除いた顎口腔内の外科処置を中心に、疾病全般の治療を行う診療科の事です。
    口腔外科に勤める医療従事者は殆どが歯科医師です。

    正式名称は歯科口腔外科。外科と言われていますが、実際は内科的処置からストレス障害までが診療対象内で、取り扱うものも骨折や腫瘍などの通常の外科診療の他、奇形などの特殊な例も担当し、原則として診療領域は定められているものの、口腔内全般の疾病を受け持っていると考えて良いでしょう。

    関連用語
  • 咬合

    【読み方】こうごう

    咬合とは、上下の歯が咬み合うこと、または咬み合う位置関係のことを指します。

    歯だけではなく、歯周組織、筋肉、顎関節、口唇、頬、舌など、様々な器官が連携しており、お互いに影響し合っています。そのため、咬合に不正なところがあると、顔貌の変化や関節や筋肉の痛み、消化機能の低下など、幅広い範囲に支障を及ぼすことがあります。

    上下の歯が接触している時の上顎に対する下顎の位置関係を咬合位といい、中心咬合位・中心位・咬頭嵌合位・最大開口位・最前方位・下顎安静位に分類されます。

    咬合は、顎口腔機能の回復という点で補綴科、保存科、矯正歯科、小児歯科、口腔外科といった全ての診療科に関わっています。様々な考えや研究が発表されているものの、決定的に正しいとされる理論発見には至っておらず、歯科医の中でも見解は統一されていません。

    主な咬合様式は以下のとおりです。

    • 片側性平衡咬合(グループ・ファンクションド・オクルージョン)
    • 両側性平衡咬合(フルバランスド・オクルージョン)
    • 臼歯離開咬合
    • 犬歯誘導咬合(カスピッド・プロテクテッド・オクルージョン)

    主な咬合の種類は以下のとおりです。

    • 過蓋咬合(オーバーバイト)
    • 切端咬合、鉗子状咬合、毛抜咬合(エッジトゥーエッジバイト)
    • 反対咬合(リバースド オクルージョン)
    • 鋏状咬合(シザーズバイト)
    • 交叉咬合、すれ違い咬合(クロスバイト)
    • 開咬(オープンバイト)

     

     

     

  • 咬合採得

    【読み方】こうごうさいとく

    咬合採得とは、かみ合わせを取得する事です。

    咬合床はプラスチックの床である基礎床の上に噛み合わせを採るためのロウが土手上に盛られており、このロウを熱で軟らかくした上で噛み合わせを採ります。
    この方法を使う事によって人工の歯を並べる位置が三次元的に採得する事ができます。

    採得された咬合床は顎の動きを再現する装置で、ロウにそって人工歯が並べられます。これを人工歯排列と呼びます。

    関連用語
  • 咬合性外傷

    【読み方】こうごうせいがいしょう

    咬合性外傷とは重度の虫歯や抜けた歯、詰め物が合っていないまま長期間放置し、噛み合わせのバランスが崩れたままの状態が続いた場合に起こる病気です。

    特定の歯に必要以上の咬合圧がかかる事になり、歯を支える歯周組織にダメージを与えます。
    慢性的な歯痛が起こったり、歯が抜ける可能性もあります。

  • 咬合調整

    【読み方】こうごうちょうせい

    咬合調整とは歯周病や虫歯によってかみ合わせのバランスが崩れているときに、特定の歯に必要以上の負荷がかかり、歯を支える歯周組織にダメージを与えている場合、歯を少量削る事で噛み合わせを調整する方法です。

    不正咬合が見られる時に調整が必要になります。
    不正咬合とは歯並びが悪かったり、上顎前突、下顎前突などの噛み合わせに関する事を総称して言います。
    これらは単に歯並びだけの問題ではなく虫歯、歯周病の原因になるので注意が必要です。

  • 交叉咬合

    【読み方】こうさこうごう

    交叉咬合(こうさこうごう)とは、下顎の歯の頬側に少しかぶさって咬み合うはずの上顎の歯が、舌側にずれて咬み合ってしまうことです。

    下顎の歯と上顎の歯の咬み合わせが正常とは完全に反対となる反対咬合と違い、交叉咬合では、部分的に上下の咬み合わせが入れ替わって互い違いになっていて、前歯の中心もずれている場合があります。

    「交叉」は「交差」と同じ意味で、歯列が不正にクロスしていることを指します。

    原因としては、下顎に対する上顎の幅が小さすぎること、下顎が左右非対称であること、下顎が横方向にずれてしまっていること、歯の生えかたが通常とは反対の傾きだったりねじれていたりすることなどが考えられます。

    放置しておくと顎のずれがひどくなって、外から見た顔面も非対称になってしまうことがあるので、早い段階での治療が勧められる不正咬合の1つです。

  • 硬質レジン

    【読み方】こうしつれじん

    硬質レジンとは、歯冠用材料として使用される高密度の架橋構造を持つレジンの事です。

    従来のレジンに比べて硬さや圧縮の強さ、磨耗性などが大幅に向上したレジンが得られるという理由から硬質レジンと呼ばれています。

    硬質レジンにはポリメチルメタクリレート、メタクリロキシポリエトキシフェニルが使われており、これらは沸点が高いため、色調や形態を整えやすく重宝されています。
    また、硬質レジンを焼付レジンと呼ぶ事もあります。

  • 口唇ヘルペス

    【読み方】こうしんへるぺす

    口唇ヘルペスとは、疲れやストレスがたまって体の抵抗力が落ちている時に唇の周りにできる、赤い水ぶくれの様な発疹の事です。

    初感染の場合は口唇、口の周りなどの比較的広範囲に水疱ができ、発熱やリンパ節の腫れが見られるなど重い症状があらわれますが、再発するにしたがい軽症になっていきます。

    基本的に口唇ヘルペスは2週間程度で自然治癒すると考えられています。
    また、ヘルペスウイルスが原因となり口内炎の症状があらわれる場合もあります。

  • 口唇裂

    【読み方】こうしんれつ

    口唇裂とは、唇に披裂が生じた際に生まれる病気の事です。

    人の顔は胎児のうちから様々な突起が組み合わされて作られます。
    この組み合わせの過程がある事から誰でも披裂はもっているものと考えられています。
    口唇裂は生まれてくるまでに口唇部分の披裂が消えなかった場合の状態を指しています。

    ただ、胎児のときは誰もが口唇裂と同様の状態であったと考える事ができ、全ての人が口唇裂になる可能性があると言えるでしょう。

  • 合着

    【読み方】ごうちゃく

    合着とは、最終的に歯冠修復物を取り付ける処置の事を指し、具体的に歯冠を接着剤でつける事です。
    また、仮につけておく事を仮着と言います。

    使用するセメントの代表格に接着性レジンセメントがあり、これを用いる事によって資質の削除量が減少し、保持形態を付与できなくても十分な接着性を持った修復処置を行う事ができます。
    特に歯冠部が大きく壊れたコアの接着などに高い効果を発揮します。

  • 口内炎

    【読み方】こうないえん

    口内炎とは、口の中や舌の粘膜に起こった炎症を総称した病気の事です。

    口内炎は見た目からカタル性口内炎、アフタ性口内炎、潰瘍性口内円に分類されるほか、痛みがあるかないかによって有痛性口内炎、無痛性口内円の2種類にも分類されます。
    中でも最も一般的な口内炎はアフタ性口内炎です。口内粘膜に小さな灰白色斑(アフタ)が出来る事からそう呼ばれています。

    重度のものは非常に強い痛みがあり、それが原因で摂食不能、口臭を伴う事もあります。

  • 咬耗

    【読み方】こうもう

    咬耗とは、歯と歯が繰り返し接触する事、またはブラッシングなどでエナメル質および象牙質の一部が消耗する事です。

    咬合機能、通常の咬合によって起こる咬耗を生理的咬耗、そしてその他の要素によって消耗する事を病的咬耗と分類する事ができます。
    ひどい咬耗が起こる際の主な原因は歯軋り、歯をくいしばる事が多い、合の不正、歯の石灰化などが挙げられます。

    関連用語
  • 咬翼型X線写真

    【読み方】こうよくがたえっくすせんしゃしん

    咬翼型X線写真(こうよくがたエックスせんしゃしん)とは、歯科医師が使うX線写真の一つで、上下の歯が咬み合わさったときの歯内や歯周の状態を咬翼法というレントゲン技法で撮影した写真のことです。

    咬翼法は、ごく小さな歯科レントゲン用フィルムにベロ(咬翼=バイトウィング)がついているものを、撮影したい部位の歯で咬み合わせて撮影する方法です。

    始めから咬翼のついたフィルムに加え、別売りの咬翼を貼り付けて使うこともできます。

    咬翼型X線写真を使うことで、隣接する歯との境目に隠れたう蝕(むし歯)や、歯根面の歯石、詰め物の破損、歯周病の原因である歯槽骨の状態を発見・診断することができます。

     

  • 骨再生誘導療法

    【読み方】こつさいせいゆうどうほう

    骨再生誘導療法(こつさいせいゆうどうほう)とは、インプラントを埋め込むための歯槽骨が減ってじゅうぶんなスペースが確保できないときに骨を再生させる治療法です。GBR(Guided Bone Regeneration)ともいわれます。

    歯が抜けた状態で放置していると、歯槽骨は退化して次第に減ってしまいます。そこにインプラント支台を埋め込むと、周りを囲む歯槽骨の厚みが足りないためとても不安定です。

    そこで、埋め込んだインプラント支台周辺の歯槽骨の足りない部分に粉砕した自身の骨「自家骨」や骨補填剤を置き、その周囲を人工膜(メンブレン)で覆い固定します。

    すると、人工膜内部で骨の再生が促進され、6~8か月くらいでインプラント支台がしっかり安定するようになります。

    この治療法により、以前はインプラントが無理だと言われていた人であっても、可能になるケースが増えました。

  • 骨隆起

    【読み方】こつりゅうき

    骨隆起とは、骨の表面から外側に向かって骨が増殖したもので、別称外骨症とも呼びます。
    上顎の口蓋、下顎の内側に出来る事が多く、触ると硬く骨ばっているのが特徴です。

    遺伝、外傷、噛み合わせなど、様々な原因が考えられますが、現在は未だ確定されてはいません。
    病気として分類されるものではなく、骨が部分的に過剰に作られるものなので、特に支障がなければ取り除く必要性はないと考えられています。
    ただ、義歯を作る時などその他の治療の障害となる場合は取り除きます。

    関連用語
  • 固定式急速拡大装置

    【読み方】こていしききゅうそくかくだいそうち

    固定式急速拡大装置(こていしききゅうしょくかくだいそうち)とは、上顎の骨の幅を左右に広げるための矯正装置です。

    上顎の骨は、中心部分で2つの骨が結合した形状になっています。そのため、強い力を加えるとその結合部分が左右に離れ、そのままの状態で固定していると離れた部分の骨が再生し、結果的に上顎の幅を広げることができます。

    しくみ
    固定式急速拡大装置は、装置を支えるため、金属製のバンドと太いワイヤー、歯列弓を押し広げる力を調節する拡大ネジから構成されています。
    金属製のバンドが歯にしっかり固定されるので、自分で取り外すことはできず、外からはあまり目立ちません。

    急速拡大装置の中央にある拡大ネジを調整することで、900g程度からキロ(Kg)単位の強い力で歯列を押し広げるため、歯の移動速度は通常のワイヤーとブラケットを使用するマルチブラケット法よりも非常に早いです。通常の矯正装置で歯を動かせる速度に比べて5~6倍程度のスピードでの拡大になるため、この処置を「急速拡大」と呼びます。

    急速拡大装置で矯正期間は1~3か月程度と短期間です。

    適応年齢
    左右の顎のつなぎ目の正中口蓋縫合が自然に開くことができる年齢を考えると、急速拡大装置の効果が期待できる年齢は、思春期くらいまでといわれています。思春期以降でも、永久歯に生えそろってから、あまり時間のたっていない25歳くらいまでの間であれば、個人差はありますが効果が期待できます。

    使用方法と効果
    まず、歯科医院で上顎の裏側に急速拡大装置を固定します。
    幅を広げる矯正期間は、1~3ヶ月程度です。急速矯正装置での矯正期間中は、自宅で継続的に専用のネジまわしをつかって拡大ネジを回し、歯列にかかる力を上げていきます。

    装着後、3~4日程度の間は食事のときに違和感や痛みをかんじたり、また、鼻や口元に痛みを感じることがあります。その後の食事は、普通の物であれば基本的には何を食べてもかまいません。しかし、 ガム・キャラメルのような粘着質のあるお菓子や極端に固いおせんべい、氷、飴玉などのは装置がはずれる原因になりますので避けます。

    1~3ヶ月の矯正期間が終わった後は、装置の幅は固定したまま約6ヵ月間装着します。
    短期間で急速に左右のあごのつなぎ目の正中口蓋縫合部を広げるため、広げた部分の骨がまだしっかりできていないないため、後戻りを防ぐために、約6か月の間は、装置をつけたまま骨ができ上がるを待ちます。

    この装置は、凹凸が激しいため磨き残しができやすくなります。 その為、歯を一本ずつ丁寧に時間をかけて磨く必要があります。
    また、歯ブラシの毛先が傷む前に、早めの交換も必要です。

  • コーヌスクローネ

    【読み方】こーぬすくろーね

    コーヌスクローネとは、骨植の良好な歯を削り、それに内冠を被せた上に義歯に外冠をつける事で内外冠の摩擦抵抗を生じさせ義歯を維持する方法です。

    本来複数の歯を抜歯した際、健全な歯にクラスプを掛けた部分入れ歯を作成し装着するのが一般的な治療方法ですが、この方法ではクラスプの違和感を覚える事があり、また時間が経つとクラスプが開き維持が悪くなると言う欠点があります。

    この欠点を補うためにコーヌスクローネ義歯は作られました。維持力の低下がほとんどなく、長期間使用する事ができます。

  • ゴム

    【読み方】ごむ

    ゴムとは、歯科においては主に矯正治療で使う補助用のゴムを指します。顎間ゴム(エラスティック)ともいわれています。

    矯正治療のときに、ワイヤーで加える力だけでは思ったような方向に歯が動いてくれないこともあります。そこでゴムを使って歯と歯をつなぎ、矯正装置をサポートします。

    顎間ゴムには、以下のような種類があります。

    • 3級ゴム 受け口の方によく使うかけ方で上顎の奥歯から下の犬歯にかけます。このかけ方により上顎歯列は前へ、下顎歯列は後ろへ動いていきます
    • 2級ゴム 上顎前突(いわゆる出っ歯)の方によく使用されるかけ方です。先ほどの3級ゴムとかけ方が逆になっていますので、作用する力も逆になります。このかけ方により徐々に上顎の歯列は後ろへ下顎の歯列は前方へ動いていきます
    • 三角ゴム 犬歯や小臼歯部をよく咬んでいない場合に使用します
    • 垂直ゴム 縦方向に力を加えるゴムです
    • 台形ゴム 前歯が上下で咬まずに開いている開咬といわれる状態や前歯の咬み合わせをもっと深くしたいときに使用します
    • 交叉ゴム  交差咬合(鋏状咬合)を治す時に使用します

    様々な種類の顎間ゴムを治療方針により組み合わせて使用します。

  • コルチコトミー

    【読み方】こるちことみー

    コルチコトミーとは、骨に切れ込みをいれて再生を促すし歯列矯正をやりやすくする治療法です。歯槽骨皮質骨切除術(しそうこつひしつこつせつじょじゅつ)とも呼ばれています。

    歯列矯正は、ブラケットによって歯に力を加え、歯を顎につないでいる歯槽骨内部に損傷を与えます。損傷を受けた部分は徐々に再生するので、そのくり返しによって歯は少しずつ歯槽骨内部を力のかけられた方向へ移動することができます。骨が成長途中で軟らかく、また再生するスピードの速い子どもや若い人には、この方法が有効です。

    しかし、大人は歯槽骨の外側の皮質が硬く、再生のスピードも年齢とともに遅くなっていくので、歯列矯正には長い時間と苦痛がともなう場合があります。また、歯周病などの影響で、歯槽骨の質が悪くなっていることもあります。

    そこで、歯槽骨の皮質の一部を切除し、内部の軟らかな海綿骨に切れ込みを入れ、内部を歯が移動しやすく、骨の再生が促されやすいような環境をつくり、大人の矯正の時間や負担の軽減をはかろうとしたのが、コルチコトミーと呼ばれる方法です。

    コルチコトミー治療にはメリットとデメリットがありますので、専門医師とよく相談をしたうえで治療を受ける必要があります。

    【メリット】
    ・抜歯せずに矯正できる場合がある。
    ・ 治療期間が大幅短縮されるため、矯正装置を長期間装着しなくてすむ。
    ・歯が動きやすくなるため、矯正中に歯が動く際に起こる痛みや違和感を軽減できる。
    ・歯周組織の改善や骨が強くなる
    ・矯正後の後戻りの可能性を軽減できる。

    【デメリット】
    ・外科手術を伴う。
    ・費用が通常の矯正装置を比べ、高めである。
    ・親しらずを抜いた程度のの腫れや痛みがある事が多い。
    ・年齢制限がある(16歳以上が適応と考えられている)。

  • ゴールデンプロポーション

    【読み方】ごーるでんぷろぽーしょん

    ゴールデンプロポーションとは、様々な人の顔を学者達が計測・分析して導き出された、顔のパーツの理想的な配置バランスのことです。

    美の基準は人によって違うため、審美に関わる業界では便宜上、客観的に見て多くの人が「美しい」と感じる平均値を一応設定しておく必要があります。

    歯科においては、主に口元、顎、歯の大きさや並びの歪みを正す外科治療や矯正治療、審美歯科の分野で、治療の基準として用いられることがあります。「黄金分割」とも呼ばれ、歯や歯並びのもっとも美しく、かつバランスが取れた比率は「1.618:1」とされています。

    しかし実際には、治療で目指すべき結果は個人個人で大きく異なり、体質や機能性との折り合いもあるため、あくまでも単なる基準にしかすぎません。

    その人にとって一番ふさわしいとされるバランスは、歯科医と患者さん本人の話し合いによって決められます。

  • ゴールドアンレー

    【読み方】ごーるどあんれー

    ゴールドアンレーとは、金合金で作られた歯の詰め物の一種です。

    同じく金で作った詰め物にゴールドインレーがありますが、インレーは自歯の咬む面を完全には覆わない形態の詰め物です。欠損の範囲が比較的狭い場合には、インレーで治療することができます。

    それに対してアンレーは、歯の咬む面全体を覆う形態の詰め物で、より幅広い範囲の欠損を補い強度を保つことができます。

    ゴールドはもっとも加工しやすい金属で、他の素材に比べて歯質になじみやすく、ほとんど劣化しないという利点があり、歯科治療上は優れた素材です。

    アレルギー反応をおこす人も、他の金属に比べると圧倒的に少ないので、多くの人に対してより安全に使うことができます。

    しかし、見た目に目立つことと費用が自費負担となって高額であることがデメリットです。

  • 根管充填

    【読み方】こんかんじゅうてん

    根管充填とは、根管治療が終了した後、処置後の歯の根の中に細菌などの有害なものが入らない用に詰め物を入れる治療の事で、根充と略して呼ばれます。

    主にガッタパーチャと呼ばれるゴムの一種を使い処置しますが、歯科医によっては補助的に水酸化カルシウム等の薬を使う事もあります。
    根管治療は根管内を消毒し、無菌化する事によって根管内での感染を防ぐのが目標です。

    関連用語
  • 根管治療

    【読み方】こんかんちりょう

    根管治療とは根管内部の死んでしまった歯髄や感染、汚染された象牙質部分を取り去り、根管の中を綺麗に清掃し消毒する治療の事を総称して呼びます。

    虫歯が歯髄に達した時、歯髄は機能を失ってしまいますが、抜歯という選択肢を選ぶ前の治療が根管治療になります。
    虫歯で強い痛みを感じている場合でも、その歯の神経を取ってしまえばビックリするほど簡単に痛みが消え、楽になります。
    神経を取る=虫歯が治る、ではなく、神経を取った後、その歯をどの様に治療するかが大切になります。

  • 根尖切除術

    【読み方】こんせんせつじょじゅつ

    根尖切除術とは、腫瘍などを取り除く為に行われる外科的歯科治療方法の一種で、歯肉の一部を切開し膿を取り除きます。

    例えば根管治療をした後、歯根の先端部分にある空洞に膿が残っていた場合、この部位の膿が広がってしまいます。
    その膿の広がりを防止する為に根尖切除術は用いられます。この方法を使う事によって膿の感染を防ぐ事ができるのはもちろん、除去した部分に新しい骨が成長し歯を再び健康な状態に生まれ変わらせる事ができます。

  • コンポジットレジン

    【読み方】こんぽじっとれじん

    コンポジットレジン修復法とは、歯牙が欠損した際の修復の際、有機複合材料として歯冠の色に似たコンポジットレジンで欠損部分を補う為のものです。

    コンポジットレジンは様々なものが存在し、分類するのが極めて困難です。大きく分けて光重合型と科学重合型の2種類に分けられます。

    化学重合型はユニバーサル、キャタリストの2つを混ぜる事によって重合反応が始まります。光重合型は光照射器から光線を受ける事により重合が開始されます。

    関連用語
  • 根面う蝕

    【読み方】こんめんうしょく

    根面う蝕とは、歯の根っこの部分(根面)におこるう蝕(むし歯)のことです。
    年齢とともにおこりやすくなるう蝕です。

    歯周病や加齢の影響で歯肉がやせてくると、本来歯肉の中に隠れているはずの根に近い部分が露出してきます。歯の上部は硬いエナメル質によって守られていますが、根に近い部分にはエナメル質がありません。

    そのため、そこから始まったう蝕は進行が早く、すぐに歯髄まで達して神経を侵してしまいます。根面をぐるりと取り囲むようにう蝕が進行すると、根から歯が折れてしまうこともあります。

    ごく初期の段階なら自然修復の可能性もあるエナメル質う蝕と違い、根面う蝕は自然修復が見込めません。

    根面う蝕の治療法は知覚過敏の場合とほぼ同じですが、う蝕の進行が著しい場合は、抜髄や抜歯になってしまうこともあります。

    早期発見、早期治療、日頃のお手入れがとても重要です。

  • 根面キャップ

    【読み方】こんめんきゃっぷ

    根面キャップとは、歯の根が露出した状態の部位を覆い蓋をするもので、根面板、ルートキャップとも呼ばれます。

    その後の処置によって、素材や形態は変わりますが、多くの場合は金属の丸いキャップのようなものです。それを支台にして入れ歯や人工歯を被せることで、安定した装着感を得ることができます。

    しかし、その周辺に汚れがたまりやすくなって他の歯に二次う蝕をおこしたり歯周病の進行の原因になったりすることもあるので、じゅうぶんな手入れが必要となります。