咬翼型X線写真(こうよくがたえっくすせんしゃしん)

咬翼型X線写真

【読み方】こうよくがたえっくすせんしゃしん

  • 0
  • 0
  • 0

咬翼型X線写真(こうよくがたエックスせんしゃしん)とは、歯科医師が使うX線写真の一つで、上下の歯が咬み合わさったときの歯内や歯周の状態を咬翼法というレントゲン技法で撮影した写真のことです。

咬翼法は、ごく小さな歯科レントゲン用フィルムにベロ(咬翼=バイトウィング)がついているものを、撮影したい部位の歯で咬み合わせて撮影する方法です。

始めから咬翼のついたフィルムに加え、別売りの咬翼を貼り付けて使うこともできます。

咬翼型X線写真を使うことで、隣接する歯との境目に隠れたう蝕(むし歯)や、歯根面の歯石、詰め物の破損、歯周病の原因である歯槽骨の状態を発見・診断することができます。

 

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています