楔状欠損(くさびじょうけっそん)

楔状欠損

【読み方】くさびじょうけっそん

  • 0
  • 0
  • 0

楔状欠損(くさびじょうけっそん)とは、歯の硬組織疾患の1つで、歯頸部(歯肉との境目あたり)のエナメル質がすり減ったり欠けてしまったりしていることです。

進行すると内側の象牙質が露出し、その部分が黄色いシミのように見え、ひどい知覚過敏がおこる場合があります。

原因としては、歯ぎしり、不正な咬み合わせや合わない補綴物(詰め物やかぶせ物)による外力などがあげられています。

昔は、誤った歯磨き(ブラッシング)や強すぎる歯磨きが原因で発生すると言われていました。

しかし、歯磨きの影響を受けない部位や、歯磨きの習慣のない人や動物などにも楔状欠損が生じることが確認されていることや、噛み合わせの力が原因で起こる歯質の欠損(アブフラクション)の研究などが進んできたことで、歯磨きが原因であるとする考え方は疑問視されています。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています