「ま」の歯科用語一覧

「ま」の歯科用語一覧

  • マイクロスコープ

    【読み方】まいくろすこーぷ

    マイクロスコープとは、手術用顕微鏡の事で歯科治療を受けた後の状態などを見るために使われます。

    細かい作業の多い歯科治療ではマイクロスコープを応用しながら、裸眼では確認しにくい場所を見て細かな問題点を正確に把握して治療を行っていきます。

    マイクロスコープには頭に装着して使うタイプのものもあり、それは拡大鏡やルーペと呼ばれています。マイクロスコープは全ての歯科医院にあるわけではありませんが、年々普及率が上がっている注目の治療器具となります。

  • 埋伏歯

    【読み方】まいふくし

    埋伏歯とは、歯が生えてくる時期を過ぎても歯が骨の中や歯肉の下に埋まっている歯の事で、元々生えてくる予定の歯と、不必要な余分な歯が埋まっている場合があります。

    顎が小さくて歯が生えてくるスペースが不足して埋伏してしまうケースもあり、埋伏歯の中で最も多いのが第三大臼歯、つまり親知らずです。

    埋伏歯があると手前にある歯が圧迫されて痛みを感じたり、歯並びが悪くなる事もあります。埋伏歯はレントゲン撮影を行って詳しい診断を行い、症状に合わせて治療を行っていきます。

  • 前歯

    【読み方】まえば

    前歯とは、中切歯と側切歯の俗称です。上下左右で8本あります。

  • 麻酔

    【読み方】ますい

    麻酔とは、虫歯や抜歯などの治療の際に使われるもので、鎮静・鎮痛効果がある薬剤を患部に注射して使用されます。

    歯に麻酔をするといっても、いきなり歯にするわけではなく細い針を使って歯肉や歯の根元に麻酔をして、徐々に薬剤を染み込ませて歯の神経を麻痺させていきます。

    歯の麻酔は麻酔方法によって使われるものが変わります。表面麻酔の際は、液状かジェル状の麻酔薬を患部に塗布して使い、浸潤麻酔の際は液状の薬剤を歯肉に注射、伝達麻酔の際は液状の薬剤を神経の元に注射して行います。

  • マニキュア

    【読み方】マニキュア

    歯科におけるマニキュアとは、歯を簡単に白くするホワイトニング法の事で、歯に塗布して使うものになります。

    マニキュアは塗るだけですぐに歯が白くなり、ミュータンス菌から歯を保護する事もできます。マニキュアにはフッ素、天然樹脂成分、アビエチン酸などが配合されており、抗菌作用があるものも使われているため、マニキュアの膜によって細菌の感染や増殖を抑制する事ができるのです。

    歯のマニキュアを使う事で歯そのものに対してのダメージはありませんが、歯が分厚くなってしまうなどのデメリットがあります。

  • 摩耗症

    【読み方】まもうしょう

    摩耗症とは、かみ合わせや咀嚼以外の歯に対する作用によって起こる症状で、過度なブラッシングや悪いかみ合わせ、歯軋り、噛みしめなどが原因で歯が削れて磨り減ってしまい、くずれやすくなったいる状態の事を言います。

    摩耗は特に歯頚部に見られる事が多く、歯の象牙質や歯肉がボロボロになってしまい、摩耗が進行すると知覚過敏を引き起こす可能性があります。

    摩耗症を予防するためには、正しいブラッシング法を行い、研磨剤が入った歯磨き粉などを使わないようにする事です。

    関連用語