「め」の歯科用語一覧

「め」の歯科用語一覧

  • メタルクラウン

    【読み方】めたるくらうん

    メンルクラウンとは、ポーセレンやセラミックスなどの陶材を七宝焼きのように焼き付けて作られる前装冠の事で、セラモメタルクラウンとも呼ばれます。

    ポーセレンなどは審美性を持っており、磨耗や腐食、変色にも強く加工もしやすいという特性があります。

    外側は陶材で天然歯の色を再現させ、内側に金属を用いる事で強度を持たせる事になります。
    内側に使う金属を貴金属などにすれば、金属がさび付いたり溶け出す可能性が低くなるので、歯茎の変色や金属アレルギーが起こりにくくなります。

  • メタルコア

    【読み方】めたるこあ

    メタルコアとは、歯の欠損が大きい場合に使われる健康保険適用の銀の土台の事です。

    神経をとった後の歯はもろくなってしまうため、その歯につける被せ物を補強するために使われます。

    材質は金銀パラジウム合金が一般的に使用される事が多く、見た目は銀色です。ただメタルコアは歯よりも硬いため、強い力がかかったときに金属のくさび効果によって歯が割れてしまう可能性があり、そうなった場合は抜歯となります。
    また、金属を使用しているため、時間の経過とともに金属が溶け出して歯茎の変色を起こしたり、金属アレルギーを起こす可能性もあります。

  • メタルフリー

    【読み方】めたるふりー

    メタルフリーとは、金属を使わない治療法の事で、セラミックスやレジンを用いて治療します。

    銀歯や金歯は見た目の悪さはもちろん、金属アレルギーも問題となるためメタルフリーという治療法が生まれました。

    審美歯科や歯列矯正では見た目の美しさにも重点をおいているため、天然歯に似せて作れるセラミックスやレジンが多く使われています。
    メタルフリーは審美性や金属アレルギー防止以外にも、歯根破折を防止するというメリットもあります。ただ健康保険が適用されない場合が多いため、経済的な負担が患者にはかかります。

  • メタルプレート

    【読み方】めたるぷれーと

    メタルプレートとは、入れ歯や義歯などの床の部分をチタンや金などの金属で鋳造、または圧印して作られたものの事です。

    金属床と呼ばれる事もあるメタルプレートは、床を薄くしても金属を用いているため強靭で、口腔内での異物感をあまり感じないのが特徴で、熱や冷たさも伝わりやすいためプラスチック製の入れ歯よりメリットがあるとされています。

    部分入れ歯でメタルプレートを使用しても、残っている歯に負担をかけることも少なく、もし破損してもレーザーを用いてすぐに修理ができると言われています。

  • メタルボンド

    【読み方】めたるぼんど

    メタルボンドとは、金属の外側にセラミック(七宝焼きに似た陶材)を焼き付けて作ったかぶせ物のことです。

    保険適用外です。「ポーセレン」とも呼ばれます。

     

  • 滅菌

    【読み方】めっきん

    滅菌とは、すべての菌を殺滅、もしくは除去する事です。細菌などを感染を防ぎ、無菌状態で治療を行うために、滅菌パックに入った器具を患者の前で開封して治療を始めます。

    滅菌処理するものは、歯科用ミラー、探針、ピンセット、歯を削るためのハンドピース、リーマー、ファイル、超音波器具、チップなど、口腔内に入れるものすべて滅菌して院内感染を防ぎます。また真空式蒸気滅菌器という滅菌器を使用して、歯科器具の滅菌を行う病院もあります。

  • メラニン色素

    【読み方】めらにんしきそ

    メラニン色素とは、紫外線を浴びたときにその刺激から肌などを守ろうとする細胞の事です。このメラニン色素が着色してしまうと肌が黒くなったりします。

    歯科では歯茎が黒ずんでいる症状を見て原因を探り、大きく分けて全身的要因と局所的要因というように診断します。
    局所的要因の中で最も多く見られるのがこのメラニン色素沈着で、上下前歯部の歯茎が褐色しているのが特徴です。

    100人に5~10人の割合でメラニン色素が原因であるとされています。紫外線以外にも、喫煙やブラッシングの刺激なども原因となります。

    関連用語
  • メンテナンス処置

    【読み方】めんてなんすしょち

    メンテナンス処置とは、歯茎が腫れていたり歯間に食べ物がはさまりやすい、歯がくらつく、口臭、ホワイトニング、インプラントなどに悩みや関心を持っている患者に対して行われる治療や予防の処置の事を言います。

    口腔内の病気の発生リスクを診断し、個人に合わせたメンテナンス処置を行う事によって歯の健康と寿命を延ばす事ができます。またメンテナンス処置は虫歯などの治療と同時進行で行われる場合もあります。