「み」の歯科用語一覧

「み」の歯科用語一覧

  • 味覚障害

    【読み方】みかくしょうがい

    味覚障害とは、栄養不足や舌炎などの舌の病気などが原因で、食べ物の味がわからなくなったり、本来の味と違うように感じるなど、味覚の反応が正常に働かなくなる状態の事です。

    舌の表面には味蕾(みらい)という味覚を感じる器官があり、この器官が異常をきたして起こる病気です。唾液の分泌量が少ないと口腔内の乾燥が起こり、これも味覚障害の原因となります。

    治療法としては、それぞれの原因に合わせた治療を行っていきます。まず味覚検査を行い、口腔内や舌の病気、ストレスが原因である場合は漢方薬を用いて治療していきます。

    関連用語
  • ミニマムインターべーション

    【読み方】みにまむいんたーべんしょん

    ミニマムインターべンション(Minimum Intervention)とは、「最小限の治療」ということです。

    歯をなるべく削らず、神経を取らず、抜かずに、長期的に良好な状態を保つことができる材料を使って治療を行うことです。

    「MI」とも言います。

  • ミニマルインターベンション

    【読み方】みにまるいんたーべんしょん

    ミニマルインターべンション(Minimal Intervention)とは、ミニマムインターべンションと同義です。

  • ミュータンス菌

    【読み方】みゅーたんすきん

    ミュータンス菌とは、人間の口腔内に存在する虫歯の原因菌のひとつです。

    生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在しておらず、親などから感染すると言われています。
    連鎖球菌でもあるミュータンス菌は、食べ物に含まれる糖分を栄養にして歯の表面に強く付着し、歯垢を形成させる力を持っています。また口腔内を酸化させる原因にもなり、エナメル質の脱灰を引き起こします。

    1歳半~2歳半頃までミュータンス菌に感染しなければ、口腔内の細菌バランスが完成するため、その後は非常に感染しにくくなると言われています。

  • ミラノール

    【読み方】みらのーる

    ミラノールとは、虫歯予防のために使われるフッ素洗口剤の事です。

    歯磨きでしっかりと口腔内を綺麗にした後、ミラノール液を適量口に含んで30秒程度うがいをします。
    30秒経ったらミラノール液を吐き出し、うがい後30分はフッ素の効果を落とさないために飲食を控える事になります。

    ミラノールはうがい液なため、うがいすると虫歯ができやすい歯と歯の狭い隙間にもすんなり入ってラクに洗浄する事ができる上、フッ素で歯を守る事もできるのが最大の利点になります。