ミュータンス菌(みゅーたんすきん)

ミュータンス菌

【読み方】みゅーたんすきん

  • 0
  • 0
  • 0

ミュータンス菌とは、人間の口腔内に存在する虫歯の原因菌のひとつです。

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在しておらず、親などから感染すると言われています。
連鎖球菌でもあるミュータンス菌は、食べ物に含まれる糖分を栄養にして歯の表面に強く付着し、歯垢を形成させる力を持っています。また口腔内を酸化させる原因にもなり、エナメル質の脱灰を引き起こします。

1歳半~2歳半頃までミュータンス菌に感染しなければ、口腔内の細菌バランスが完成するため、その後は非常に感染しにくくなると言われています。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています