二次象牙質(にじぞうげしつ)

二次象牙質

【読み方】にじぞうげしつ

  • 0
  • 0
  • 0

二次象牙質とは、歯髄を守るために後から形成される象牙質のことです。

歯の生育過程では、歯根の完成後に歯髄壁に新しい象牙質が産生されます。
これは、生理的二次象牙質です。
また、欠損、衝撃、治療による刺激などにも反応して、歯髄の周囲を取り囲むように象牙質が形成されます。
この場合は、病的二次象牙質と呼ばれることがあります。

う蝕などの治療で歯がしみることがあっても、時間とともにしみなくなるのは、二次象牙質が形成されることが関係しています。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています