「の」の歯科用語一覧

「の」の歯科用語一覧

  • 嚢胞

    【読み方】のうほう

    嚢胞とは、膿の袋のことで、歯根部にできたものを歯根嚢胞と言います。

    関連用語
  • 膿瘍

    【読み方】のうよう

    膿瘍とは、化膿性の炎症が生体組織内に限られた場合に、中心部から組織融解を起こし、膿をもった空洞を形成した状態の事を指します。

    膿瘍には炎症性の激しい痛みを伴います。
    口腔粘膜(上皮内など)にできた膿瘍はのう胞と呼ばれ、口腔内以外では肝臓や脳、全身の皮膚などにできる事があります。

    ちなみに体腔内に膿がたまった場合の事は膿瘍ではなく蓄膿と呼ばれています。

  • ノーベルアクティブ・インプラント

    【読み方】ノーベルアクティブ・インプラント

    ノーベルアクティブ・インプラントとは、ノーベルバイオケア社の最新のインプラントシステムで、2010年の年末に発売されました。

    インプラント体の肩の部分にあごの骨がのりやすくなっており、あごの骨が包み込むようにインプラントを固定します。
    このことにより、インプラント周囲炎を予防し、インプラント完成後も長く歯肉の位置を審美的に保つことが出来ます。

    また、そのボディデザインにより、小さい埋入窩にもスムーズに入り込み、良好な初期固定が得られる特徴を持っています。既存骨が不良なケース、抜歯即時埋入ケースなどにも有利なシステムです。

    日本で取り扱っている歯科医院はまだ少数ですので、詳しくはインプラント専門の歯科医にご相談ください。

     

  • ノーベルスピーディー・グルービィー

    【読み方】のーべるすぴーでぃー・ぐるーびぃー

    ノーベルスピーディー ・グルービィーとは、オールオン4(All-on-4)に適したインプラントシステムです。

    オールオン4(All-on-4)とは、ポルトガルのリスボンの歯科医師、ドクターマローによって提唱、開発されたインプラント治療の術式で、無歯顎に骨移植なしでインプラント治療をする方法です。

    上顎の場合はサイナスを避けて、また下顎の場合は下歯槽神経を避けて 上下それぞれに4本のインプラントを埋めて、4本のインプラントで人工の歯を支える方法です。