「れ」の歯科用語一覧

「れ」の歯科用語一覧

  • レーザー

    【読み方】れーざー

    レーザーとは、誘導放出によって光を増幅・発振する装置です。

    「Er.YAG(エルビウム・ヤグ)レーザー」、「Nd.YAG(ネオジウム・ヤグ)レーザー」、「炭酸ガスレーザー」、「DIAGNOdent(ダイアグノデント)」、「低出力半導体レーザー」などの種類があります。

    レーザーにより、タービンエンジンのようなキーンという不快な音や振動がなく、痛みが少なくて済みます。そのため、ほとんどの治療が麻酔なしで行え、さらには菌の抑制にも繋がるため、通常の虫歯治療以外にも歯周病全般にも使用されます。歯石の除去、口内炎の治療、歯肉の切開、歯茎の黒ずみを白く、義歯の痛みの軽減、アフター治療など特に初期症状に関しては抜群の効果が期待できます。

    レーザー治療は保険外です。

  • レーザー治療

    【読み方】れーざーちりょう

    レーザー治療とは、赤外線のエネルギーを用いて歯周病や虫歯に感染している歯を分解し、殺菌する事ができる治療法です。

    歯を削る事もないので痛みがなく、治療後にも腫れたりしないので多くの歯科で使用される方法です。

    歯周病や虫歯治療以外にも、知覚過敏や口内炎、歯茎の黒ずみ、ホワイトニングなどにも使われ、短時間で治療が終わるというメリットもあります。

    また、鎮静、鎮痛効果もあり、レーザーによる止血、凝固作用や治療の際に音がする事はないため、歯科治療に対する不安感や恐怖感を感じる事無く治療を受けられます。

  • レジン

    【読み方】れじん

    レジンとは、白色のプラスチックの事で、虫歯治療の際で削った部分に使われる詰め物、入れ歯、差し歯、接着剤など様々な用途で使われるものです。

    歯科で使われるレジンは、白い材質なので見た目的には優れていますが、吸水性があるため劣化しやすく、時間の経過とともにすり減ったり、変色してしまいます。
    そのためレジンに超微粒子のセラミックを混ぜて強度を強くした硬質レジンというものも存在します。変色やすり減る事が少なく、強度があるので奥歯などの力がかかる部分にも使用する事が可能なレジンになります。

  • レジンコア

    【読み方】れじんこあ

    レジンコアとは、プラスチック製の白い土台の事で、健康保険で適用されているものです。

    強度はそこまで強いものではないので、奥歯などの力がかかる部分や虫歯が奥まで進行している部分には使用できない土台です。

    レジンコアは色が白い事から前歯などの力があまりかからない部分に使用される事が多く、クラウンを被せた際に見た目もよくなるので多くの歯科で使用しています。
    歯茎の変色や金属アレルギーなどの心配性もなく、安価で治療を受ける事ができるのがメリットになります。

  • レジン充填

    【読み方】れじんじゅうてん

    レジン充填とは、虫歯などで歯を削った際に詰め物としてレジンを使用する事を言います。
    コンポジットレジン充填と呼ばれる事もあり、虫歯治療で最も頻繁に行われる治療法です。

    コンポジットレジンとは、レジンにフィラーという強度、物性を高める物質(ジルコニア、シリカなど)を混入させたものの事で、フィラーの含有量によってハイブリットレジンと呼ばれる事もあります。また、虫歯治療以外にも、欠損した歯の形態の回復や歯と歯の間の隙間を埋める目的でも使用される事があります。

  • レジン床義歯

    【読み方】れじんしょうぎし

    レジン床義歯とは、プラスチック製の入れ歯の事で健康保険が適用されるものになります。

    プラスチックで製作するため弾力が弱く、力がかかりすぎると破損してしまう可能性がありますが、修理にも保険が適用されるので比較的多くの方が使用している入れ歯になります。

    熱に強いので煮沸消毒が行えるため、においや汚れを簡単に落とせ清潔さを保てます。強度を強くするために分厚く製作されるので、違和感がある事もあり、食べ物の熱や冷たさが伝わりにくいというデメリットもあります。

  • レントゲン

    【読み方】れんとげん

    レントゲンとは、X線を光源として用いた写真で、直接目で見えない物体内部の透過像を得ます。
    歯科では主に歯根部の状態を見るために撮影します。

    関連用語
  • レンブラント

    【読み方】れんぶらんと

    レンブラントとは、歯を白くさせる効果がある歯磨き粉の事で、主にホワイトニングを希望している患者に対して使用してもらうものです。

    レンプラントはパパイン酵素の力を利用して歯の着色を取り除く事ができるもので、通常の歯を白くする歯磨き粉よりも研磨剤の量が少ないので歯を傷つける心配がありません。

    レンブラントにはいくつか種類があって、付属のマウスピースにジェル状のレンブラントを付けて20分程度装着して漂白させるものなどもあります。