裏装(りそう)

裏装

【読み方】りそう

  • 0
  • 0
  • 0

裏装とは、歯科医療で行う歯の修復治療の際、歯髄を保護するために使われるものの事を言います。

入れ歯や義歯の歯茎に当たる部分をシリコンやアクリルなどの柔らかい材質で作られた裏装で装着させ、歯髄を保護します。

義歯があたって痛みがあったり安定感がない場合や、粘膜が薄くて弾力性が低い場合などにも使われるもので、軟性裏装、軟質裏装、弾性裏装などがあります。
裏装材はその使用目的上、比較的長期にわたる耐久性が要求されるので、アクリル系などの柔軟性がある材質が使用されます。大抵の場合、交換には半年から1年に一度くらいが目安とされています。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています