「ろ」の歯科用語一覧

「ろ」の歯科用語一覧

  • ロイコプラキア

    【読み方】ろいこぷらきあ

    ロイコプラキアとは、「白板症」とも呼ばれ、白いカビのようなモノが舌にできる病気です。

    ロイコプラキアの原因は、喫煙、過度なブラッシングによる擦過(さっか)刺激、合わなくなった不良補綴物(ほてつぶつ)・充填物(じゅうてんぶつ)、う蝕(むし歯)などの長期刺激があげられます。

  • ロウ義歯

    【読み方】ろうぎし

    ロウ義歯とは、ロウで作った入れ歯の模型のことで、歯肉の部分がロウで出来ています。

    入れ歯を作るときに、ロウで作った入れ歯を作ります。これがロウ義歯です。

    このロウ義歯を口に入れ、歯並びや、噛み合わせをチェックします。ロウ義歯のチェック段階で、問題があればロウ義歯を作り直し再び歯並び、噛み合わせなどのチェックをし、問題がなければロウ義歯を元に入れ歯を作り上げます。

     

    関連用語
  • 瘻孔

    【読み方】ろうこう

    瘻孔とは、虫歯や歯周病が進行して歯周組織に膿がたまり、その膿が流れ出る穴の事を言います。

    フィステルと呼ばれる事もあり、ほとんどの場合は歯茎にできるものです。

    見た目的な症状としては、穴が開いているというよりも丸く腫れ上がった出来物のような感じで、歯髄が死んでしまって歯根の先端に病巣ができている状態です。
    その病巣内に膿が溜まり、歯槽骨の中を通って歯茎の表面にろう孔ができるのです。

    ろう孔の治療法としては、根管治療が一般的で、根管内の細菌を除去させる事で症状は治まります。

  • 弄舌癖

    【読み方】ろうぜつへき

    弄舌癖とは、舌を噛んだり、舌先でいじったり、舌ですったりする、舌に関する癖の一種です。

    弄舌癖は、舌を傷つけるだけではなく、歯並び、開咬、上顎前突の原因になることがあります。

    関連用語