暫間固定法(ざんかんこていほう)

暫間固定法

【読み方】ざんかんこていほう

  • 0
  • 0
  • 0

暫間固定法とは、歯周病など何らかの原因でぐらついてしまった歯を両隣の歯などと一時的に固定させて、かみ合わせやブラッシングに耐えられるようにする処置の事を言います。

主に歯周病で痛くてものを噛めないときにすぐに行うと効果的な処置法で、歯周手術を行う予定の患者にも行われる場合があります。

暫間固定法の方法は、金属製のワイヤー、接着性レジン、プラスチック製の仮歯などを使って、あくまでも仮の処置をします。治療終了後に永久的な歯の固定を行います。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています