正中歯(せいちゅうし)

正中歯

【読み方】せいちゅうし

正中歯とは、歯列中央の一番大きな前歯の合わせ目(正中)の間に生えた歯列外の歯のことです。

正常な歯列には存在しない歯が、何らかの理由で生えてしまったものを過剰歯といいます。過剰歯は様々な部位に現れますが、そのうちで、正中付近に生えたものをとくに正中歯と呼び、正中歯の他には臼後歯、臼傍歯などがあります。

正中歯は、歯肉の中に埋まって表面には見えていない場合もあります。放置しておいてもとくに支障が無いなら問題ありませんが、生えている部位によっては他の歯に影響したり、舌を傷つけたりすることがあり、その場合は抜歯が検討されます。

この用語も調べられています