歯根吸収(しこんきゅうしゅう)

歯根吸収

【読み方】しこんきゅうしゅう

  • 0
  • 0
  • 0

歯根吸収とは、歯科医療の中の矯正治療におけるデメリットのひとつで、歯の根元が矯正治療によって溶けてしまう事を指します。

矯正治療では必要以上に歯に負担をかけたり、歯をずらす位置が大きかったり、歯の状態が悪く治療期間が長くなってしまったりすると歯根吸収が起きてしまうのです。
歯根吸収を防ぐために精密検査や定期健診が行われますが、なによりも患者の協力やデメリットがある事の理解を求められます。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています