歯根のう胞(しこんのうほう)

歯根のう胞

【読み方】しこんのうほう

  • 0
  • 0
  • 0

歯根のう胞とは、根尖性歯周組織疾患(こんせんせいししゅうそしきしっかん)の一種であって、虫歯が進行して歯の神経を腐らせ、歯の根の部分に膿みの袋ができて炎症を引き起こす病気の事を指します。

症状としては一時的に痛みを伴いますが、そのまま放っておくと痛みが引き、ものを噛んだときに違和感を感じたりしますが、さほど気にならない場合もあるので放置してしまう人が多い病気です。
抗生物質で炎症を抑えるか、元となる部分を取り除く事で治療できますが、ひどい場合には抜歯となります。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています