若年性歯周炎(じゃくねんせいししゅうえん)

若年性歯周炎

【読み方】じゃくねんせいししゅうえん

  • 0
  • 0
  • 0

若年性歯周炎とは、通常30歳代頃から徐々に発症する歯周炎が若いうちから発症している場合の事を指し、侵襲性歯周炎とも呼ばれています。

若年性歯周炎は、通常の歯周炎よりも進行するスピードが速く、一般的な歯周病の治療法ではなかなか改善しない病気で、スケーリングやルートプレーニング、歯周外科治療と併せて抗菌剤や抗生物質などの薬剤治療を行う事になります。
若年性歯周炎で使われる薬剤には副作用として高確率で下痢を引き起こします。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています