浸潤麻酔法(しんじゅんますいほう)

浸潤麻酔法

【読み方】しんじゅんますいほう

  • 0
  • 0
  • 0

浸潤麻酔法(しんじゅんますいほう)とは、局部麻酔の一種で治療する部分に注射をし、麻酔薬を浸透させて身体への負担を軽減する方法で、浸麻と略されることもあります。歯科医療で最もポピュラーな麻酔法であり、知覚神経の末端を麻痺させるために使われます。

患者に対してなるべく傷みを与えないために、治療する部分に針を刺す前に表面麻酔を行い、麻酔薬をゆっくり注入するように配慮されており、他の麻酔法で使われる針よりも細い針で行われます。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています