帯冠金属冠(たいかんきんぞくかん)

帯冠金属冠

【読み方】たいかんきんぞくかん

  • 0
  • 0
  • 0

帯冠金属冠とは、かみ合わせ部分と歯の周りを個別に作成し、それを溶接する為の被せ物の事です。

数十年前までは帯冠金属冠での処置が主流でしたが、歯茎への影響も芳しくなく、見た目もナチュラルではないため現在はあまり使われる事がなくなりました。

歯をほとんど削らなくて済む、保険適用対象内で安価で治療が受けられる事から、現在でも帯冠金属冠処置を受けている人は極少数います。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています