第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)

第三大臼歯

【読み方】だいさんだいきゅうし

  • 0
  • 0
  • 0

第三大臼歯とは、歯列の一番奥にある大臼歯で、いわゆる「親知らず」のことです。

上顎第三大臼歯と下顎第三大臼歯があり、一番多く生えている人で左右2本ずつ、計4本の第三大臼歯があります。

なかには一本も生えていない人もいますが、それは別に異常なことではありません。

第三大臼歯は歯肉内に埋もれて見えなくなっていることや、先端がほんの少し生えているだけのこともめずらしくありません。

一番奥にあるため手入れがしづらく、う蝕や歯周病をおこしやすいので、早い段階で抜歯をすることもあります。

  • 0
  • 0
  • 0

この用語を調べた人は下記の用語も見ています